新学期嬉しいことがあってよかった

母ちゃんは美術系の才能が全くなくて
図工や美術の時間が強烈に憂鬱な子ども時代を過ごしました
工作・造形系はそれでもまだ、なんとか人並みを保てるのだけれど
絵が描けない、とにかく描けない
小5と中2の二学期には
5段階評価の2をもらったことがあるぐらいのへっぽこっぷりで
絵心をどこかに忘れて生まれてきたのかと思うほど


そんな母ちゃんから生まれた娘は
一番好きな科目が図工というびっくりな嗜好で
描くことも造ることもどちらも全く苦でない模様

幼稚園時代は絵
小1の時は工作
それぞれ市内のコンクールで賞をいただいたことも
得意って気持ちを増幅させているのかもしれません


今年は版画で佳作をいただいてきました
金銀銅みたいなところには入れなかったけど
学校で3人だけだよぉって大喜びで

4年生の今年度は書道に続き2度目で当たり年かも

嬉しいねぇ 自信になるねぇ 展覧会が楽しみだよ
こうやってちょっとずつでも得意なことが積み重なっていけばいいなぁ

だからって、ピアノのコンクールは別物だよ~ん
もっともっと練習積まないと参加OKは出せないよ~(▼∀▼)ニヤリッ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。