二軍な気持ち

前のブログのアップ後
2泊3日の海外出張とか、娘のアンサンブルコンサートとか、姪っ子1の大学の発表とか
様々なイベントを終了して本日
姪っ子2は高校受験を終えてもうお家へ戻っているでしょう

そして娘も遅ればせながら制服含め必要なものをすっかり準備して本当にもう春本番!
しかし相変わらず勉強に追われている毎日で、寝不足の不機嫌な顔がまた不細工なこと☆ヾ(-Θ-:) オイオイ
慣れも必要だけど体力つけないとなぁとつくづく思っている母ちゃんです

さて、もう2週間を切った小学校への通学
なんだか嫌なこととか気にいらないこと並べ立てることが多く
多少不安な気持ちがストレスになっているのかなと思ったり
その中でも、クラスのメンバーを一軍二軍と仕分けて話すことが非常に違和感なんだよな~

「一軍の子が参加すればいいじゃん」
「どうせ先生は二軍の頑張りなんか気づいてくれない」
「一軍がわがまま言うのは腹が立つ」

ただの妬み僻み嫉み
自分のことを認めてくれる先生でないと思ってきた日々の積み重ねがここにきて噴出してるのかな

この先生というのがまた、とてもわかりやすい目に見える方法で評価を与えてきた先生だから
それがもらえない=認めてもらえていないという図式が完成しやすい
「陰で見ててくれてるんだよ」っていう言葉が本当にただの慰めにしか聞こえないという状況

もっとイキイキと自分も一軍になるつもりで頑張れと口では言うもののまぁそう簡単でもないよね
クラスのヒエラルキーを覆すのは

ってなことで今日も愚痴を聞きながら、でも前向きな気持ちも持ち続けなきゃと励まし鼓舞するお風呂での会話なのです

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。