がんばればできること

小さく産まれたせいもあってか筋力があまり強くない娘
運動も得意ではありません

小学校低学年のうちの「勉強」ができる・できないは、
教科にもよるだろうし多分に主観的な思い込みもあったりすると思いますが、
体育は得手不得手がはっきりと目に見える科目ですから、
彼女自身苦手であるという自覚が強いのです。

特にマット運動や鉄棒、跳び箱などの基礎体力が試される種目は大の苦手
お家で座布団を敷いて練習したりもしていますが、そう簡単ではありません

それでも、頑張って頑張って上手くいくと、クラスのお友だちたちは皆
「やったじゃん」「頑張ったね」と声をかけてくれるらしく
そのことは彼女にとって大きな励みになっています

ところで我が家の暮らす地域は、
冬には全国ニュースに度々取り上げられるような結構な雪国なのですが
雪国の冬の体育といえば、なんと言っても「スキー」
関東以西の地域では驚きかもしれませんが
小学校に入れば子どもたちは皆スキーセットとスキーウェアを用意し
学校に持ち込んでスキーをやります
もちろん教えてくれるのは学校の先生たち
校庭にブルドーザーで雪山が作られ、校庭を一周してはスロープを滑る
というような授業が2時間続きで行われます
冬になると外で全力で遊ぶなんてことがなかなかできないこの地域では
滑り降りるだけでなく校庭をスキーで一周することで
体力作りにも大きく役立っているのです

私は娘の学校の卒業生ですが、
その頃は校庭の周囲はまだ田んぼが残っていたし、塀で囲われているようなこともなかったので
冬になると校庭が本来よりも広くなってしまうんです
だからスキーの授業は本当に大変だった記憶があります

話は娘のことに戻りますが
体育は苦手といいながらも、小さいころから続けることで
経験値が上がって多少はうまくなるものもあったりします
そこでスキーも早めに経験させてあげようということで
幼稚園の年長さんの頃からスクールに度々入れていました
コーチ曰く「板をつけたら別物です」のとおり
物怖じせずしっかり教えを守って練習を続けたことで
この娘が「スキーだけは得意なの」と妙な自信を見せるほどまで
上達してきました(もちろん娘基準で(;´▽`A``)

そして学校でのスキーの授業
学年全員でレベルを5つに分けて行われる授業の
娘はこれまで真ん中Cグループでしたが
一昨日の授業でテストに合格したらしく「Aグループになれたぁ(= ̄▽ ̄=)V 」
という娘の嬉しい声が
よほど嬉しかったのでしょうわざわざ私の仕事中に電話をかけておしえてくれたほどです


体育が苦手ってとても辛いこと
学校に行きたくなくなくなっちゃう子もいるって聞きます
だからこそ「苦手でもできること」が増えていったらいいなぁ
そして自信につながったらいいなぁ
と思っている小2母でした

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。