とてもとても信頼できる人だ

(このとてもの使い方、母ちゃんは好きではありませんが・・・)

3年生になるときにクラス替えのあった娘
幼稚園で3年間一緒だったお友だちと同じクラスになりました

活発ではっきりしていて目立つ存在だった彼女と
ゆっくりマイペースの娘とではあまり接点がなく
同じ学校に入学した後も
1組と5組ではさらに交流もないままの2年間でした

ところが、同じクラスになって度々触れ合ううちにたくさん発見があったようです

つい先日クラスでのことを二人で話していたときのこと
母「学校にいるときは、こないだクリスマスパーティに来たことだけ遊ぶ感じ?」
娘「そんなことないよ。あまり遊ばない子も来たから。パーティに来なかったけどよく話する子もいるし」
母「へぇ~。例えばどの子?」
娘「R花とはよく話するんだよ」
母「幼稚園の時は全然一緒に遊ばなかったのに?」
娘「R花はね、『ありがとう』とか『ゴメンね』とかちゃんと言える子なの。そして、得意なことを自慢せずにできない子に教えてあげたり、できると一緒に喜んでくれたり。話をするのがすごく嬉しくなる子なんだ」
母「へぇぇ、そういうお友だちが近くにいるのは嬉しいねぇ」
娘「うん。R花は、とてもとても信頼できる人だ」

だんだん
熟語で感情や思ったことを表現できるようなお年頃になってきている娘ですが
「信頼できる人」
という表現はそこそこ重いものだと思う大人の母ちゃん

人によってはその子のことを「きつい」とも表現するのだけれど
裏表がなくて率直なお友だちのことを、信頼に足ると捉えた娘の感じ方が
母ちゃんは意外と好きだなぁと思ったものでした
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いい!娘ちゃん
我が家の娘1、べらべら息子のように話すタイプでなく
悩んだ時期もありました
その時の担任が
「娘1さんの言葉は重いんですよ
   とてもいい意味での重い、いや深みがあります。」
「信頼されてますよ」
この言葉に私はどれだけ救われたでしょか。
娘ちゃんは冷静に回りを見てて
きっと娘ちゃんの方が、信頼されているんだと思います。

2ぴきさま

やさしい言葉をありがとうございます。

子どもらしい無邪気な頃のうちに、たくさんのお友だちのよいところを発見できたら幸せだなあと思います。
そして、それを見習えたらいいですよね。

2ぴきさんところのお嬢さんのように、思慮深く一生懸命な子になってくれたら嬉しいなぁと思う今日この頃です・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。