年度末ですからねぇ

今娘のクラスは30人学級
学年5クラスがほぼ同数だから全学年で150人前後というところ
県独自の33人編成に乗れたおかげでこの人数でやってこられたけど
少人数編成は3年生までの期間限定なので4月からは40人編成になります

一気に10人増ということは、あの教室の中に2人×5列が一固まり増えるということ

いやぁきっつきつでしょうね(;´▽`A``

自分がこどもの頃はそれが当たり前だったけど、保護者として学校を俯瞰すると、
いかにもな窮屈さを感じます

人数が多いことが悪いこととは全く思っていません
そりゃ、一人一人に割かれる時間は減るでしょうが
日常的に触れるお友だちの数が増えるのはよい経験ですし
ただ、一クラス10人増というのは、口で言う・耳で聞く以上のボリューム感だと思うのです
2年続けてのクラス替えとも相まって
高学年の仲間入りをするに当たって反応が気になるところです


クラス替えといえばもう一つ
娘の学校は、新2年生にもクラス替えがあるんですって( ̄△ ̄;)エッ・・?

奇数学年でのクラス替えはデフォルトですが、1年生が2年生に上がるときにまた1からというのは
ちょっと可哀想だなぁ・・・






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。